食の効能・効用
 食べ物の効能を知って、体に良いものをバランスよく取り入れましょう!

 
 まぐろの効能・効用

 まぐろは、さんまと同様にEPA、DHAを多く含んでいます。これらは、背中が青く光っている魚に多く含まれていまるものですが、このほかにも、タウリンやセレンも含んでいます。

 EPAは、中性脂肪を低下させたり、善玉コレステロールを増やす作用があり、DHAは、脳の働きをよくするために重要であるといわれています。
 
 またタウリンは、血圧を低下させたり肝臓病防いだりする効果と、総コレステロールを低くする作用があるといわれていて、セレンは、動脈硬化やガンを抑制する効果があったり、老化を遅らせるともいわれています。

 まぐろには、体長3メートルにも達するクロマグロ、体長2メートル程度のインドマグロやメバチマグロ、最も小ぶりのビンチョウマグロなどの種類がありますが、腹の霜降りの「大トロ」、背中の皮ぎし部分の「中トロ」が人気が高いですね。
 売られている冷凍まぐろは、マイナス50〜60度で瞬間冷凍されていますが、家庭用の冷蔵庫はそこまで下がりませんので、買ってきたらなるべく早く食べたほうがよいようです。


・トマト
 ・玉ねぎ ・きゅうり
なす ・ねぎ ・キャベツ
・にんじん ・だいこん
・ほうれんそう ・りんご
ピーマン ・モロヘイヤ
・レモン ・バナナ
・ブルーベリー ・まいたけ
 
・まぐろ ・さんま ・うなぎ
・かに
 ・牛肉 ・豚肉

・たまご ・そば ・わさび
・納豆 ・落花生 ・梅干し
・はちみつ

・牛乳 ・コーヒー ・紅茶
・ココア ・緑茶 ・ビール

・日本酒 ・焼酎 ・ワイン


 総合メニューへ
  (まだまだあります)






Copyright(C)2004-2008 食の効能・効用 e情報館 All right reserved